鴨米ともえ

ありがとうございました!!
2016年度の鴨米ともえ5kgは完売いたしました!!
800gは鴨池観察館内で10月20日より販売いたします。

加賀市片野鴨池は、西日本最大のガン類の越冬地であり、国際的な湿地・水鳥保護を目的としたラムサール条約の登録湿地になっています。
しかし、昔と比べると鴨池で越冬するカモ類の数が少なくなっているのです。。
原因は周辺の湖沼での銃猟禁止によるカモの飛来数の分散など様々なものが考えられますが、その一つに、カモ類のエサ場となるたんぼの乾田化(たんぼが泥深くなったり畦が崩れたりするのを防ぐため、冬季に田んぼの水を抜くこと)があげられます。

カモは昼には鴨池で休んでいますが、夜になるとたんぼへ餌を食べに飛んでいきます。
食べるのは落ち穂や落ち籾で、たんぼにたくさん落ちていますが、カモたちは水がないたんぼには餌がいくらあっても行きません。
そこで鴨池観察館では周辺の農家の方に、冬の間にたんぼに水をはり水鳥たちのエサ場を作る「ふゆみずたんぼ」に取り組んでもらえるようお願いしています。
ふゆみずたんぼをしてくれている農家の方には、毎日たんぼで足跡等のカモの痕跡を探しだして「昨日は〇〇のたんぼにでけこと(たくさん)おったみたいだぞ」とうれしそうに報告してくれるかたもいます。

鴨池たんぼクラブでは、そんな風に協力してくれている農家の方の力になれればとお米の販売のお手伝いをしています。
このお米には、鴨池に毎年数千羽飛来し、環境省の絶滅危惧種となってしまっているトモエガモが、いつか再び昔のように一万羽を超える数で鴨池に飛来してくれるよう夢を託して『加賀の鴨米 ともえ』と名付けました。
食べることでカモ類をはじめとしたいきものと環境の保全に参加出来ます。どうぞみなさまのご協力をお願いいたします。

通信販売

おかげさまで、2016年度分の鴨米ともえ5kgは完売いたしました。ありがとうございました。

加賀の鴨米 ともえ 5kg


お米の種類: コシヒカリ
値段: 2980円(税込)
送料: 実費(観察館まで取りに来ていただいた場合、送料はかかりません)
内容: 鴨池の周囲のたんぼでカモたちがご飯を食べられるように、「ふゆみずたんぼ」をしてもらっています。
冬のたんぼに水を溜めると、水位の調節にこまめに見回りをしなければいけないなど、余分に労力がかかります。
そんな大変な中カモたちのために水を溜めてくれている農家のかたの負担を減らそうと、通常より少し値段を上げて販売しています。
味もとてもおいしいと評判のお米です。
ご飯を食べながら、ラムサール条約湿地の環境保全に参加してみませんか?

申し込み方法

注文の流れ:
下記の連絡先からご注文いただいたあと、お米を精米、袋づめ、発送いたします。
FAXの場合は電話にて、Mailの場合は返信メールにてご注文の確認をさせていただきます。
料金は郵便振り込み用紙をお米に同封させていただきますので、商品を確認された後お振込みください。
発送開始は10月20日前後の予定です。
2016年度は限定100袋の販売です。売り切れ次第販売終了になりますのでご了承ください。

電話: 0761-72-2200
Fax: 0761-72-2935
Mail: tomonokai@teamkamoike.com(メーラーが立ち上がります※お使いのPCの設定によっては立ち上がらないので直接入力してください。)