今年から6月18日は「雪形の日」

投稿日:2017年06月20日  投稿者:yukinokagakukan

国際雪形研究会雪形ウォッチングのミニシンポジウムで、6月18日を「雪形の日」とすることが認められました。

そもそも「雪形」とは、春先の雪の残雪模様が人や動物、植物に見える現象で、農作業開始の目安にしたり、豊凶の占い等に利用されてきました。

現在では「雪形」の存在を知る人も少なくなってきましたが、当館から見える白山にも実は雪形はあります。

昨日おとといは天気は良かったものの、残念ながら当館から見えるはずの白山が霞んでいて雪形は見えなかったのですが・・・今日は何とか見えました!

雪の科学館からの雪形

だいぶとけてしまってますが、雪はかろうじて残っています。

もっとはっきり分かる画像も載せておきます。こちらは今年5月末頃に撮ったものです。DAK32EOVwAEgeqF

 

下の図と照らし合わせてみると何となく「たばこの葉と横向きに座っている猿」と「牛に乗った袈裟かけの坊さん」が見えてきませんか?

雪形説明

引用:「白山の雪形」石川県白山自然保護センターより

見つけられたでしょうか?

皆さんもこれから春先になったら雪形ウォッチを楽しみましょう!!

 

- 記事を共有する -
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0