樋口敬二先生

投稿日:2018年10月25日

中谷宇吉郎博士の門下生で中谷宇吉郎雪の科学館の運営委員、雪のデザイン賞の審査員を務められました樋口敬二先生(享年92歳)が10月19日に亡くなられ、葬儀・告別式は近親者で執り行われました。 中谷宇吉郎雪の科学館スタッフ一

▼続きを読む


ギャラリー詩と美術館にて、山田功写真展「彩氷」開催中

投稿日:2018年07月12日

岐阜県のギャラリー詩と美術館にて、中谷宇吉郎雪の科学館友の会会員・山田功氏の写真展「彩氷」が開催中です。 偏光フィルターを通した氷が織りなす色彩の美しさに、氷の新たな一面が発見できます。 当館の実験でおなじみの「チンダル

▼続きを読む


あらたな雪形「大ガラス」

投稿日:2018年05月11日

  「雪形ウォッチング」まだまだ楽しめますよ!

▼続きを読む


まだまだ雪形

投稿日:2018年05月05日

前回ピークかもしれないと書いた雪形ですが、まだまだ楽しめそうです。 今までのブログを読んでいた方なら、この写真だけでどこに雪形があるか分かるはず!   ついでに当館横の広場に咲くつつじ。これも今が見ごろです。

▼続きを読む


今日も雪形

投稿日:2018年04月29日

△ 今日は気温が26℃。雪形が見える白山はそこまで暑くなくても雪解けは進んでいることでしょう。 さて、今日も雪形を見てみましょう!   △ 前回よりも「猿たばこ」の輪郭がはっきりしてきたような気もします。 &n

▼続きを読む


またまた雪形

投稿日:2018年04月21日

△ 今日は気温が28℃まで上がりました。暑いです!さて、今日も白山の雪形を見てみましょう!   △ 最近はいち早く現れた「牛に乗った袈裟かけの坊さん」(左絵)のお話ばかりでしたが、横を向いた猿とたばこの葉でセッ

▼続きを読む


ふたたび雪形

投稿日:2018年04月14日

雪形の形がはっきりしてきました。撮影場所は当館横の喫茶前です。   このあたりにあります。     3月31日のものと比較してみましょう。 牛の目がなくなってしまいましたが、後ろ脚が見えてきました。

▼続きを読む


昨日に引きつづき桜

投稿日:2018年04月03日

今日も桜がきれいです。午後からは風が出てきて、わずかですが花びらも舞っています。    

▼続きを読む


雪の科学館周りは桜が満開です!

投稿日:2018年04月02日

雪の科学館周りは桜が満開です。風もない暖かな日で、まさにお花見日和です。 下の左写真が開花後、右写真が開花前です。同じ場所がこんなに違って見えます。   午前中は花曇りの空でしたが、午後からは青空、雲も見当たりません。

▼続きを読む


3月31日、白山に「雪形」

投稿日:2018年04月02日

当館横の喫茶から見える白山の雪解けが進み、雪形の「袈裟かけの坊さん」が現れはじめました。   このあたりにあります。     もう少し雪解けが進むと、牛の全身が現れそうです。  

▼続きを読む