夜になって風がなく気温が零下十五度位になった時に静かに降り出す雪は特に美しかった。
真暗なヴェランダに出て懐中電燈を空に向けて見ると、底なしの暗い空の奥から、 数知れぬ白い粉が後から後からと無限に続いて落ちて来る。
それが大体きまった大きさの螺旋形を描きながら舞って来るのである。
そして大部分のものはキラキラと電燈の光に輝いて、結晶面の完全な発達を知らせてくれる。
何時までも舞い落ちて来る雪を仰いでいると、 いつの間にか自分の身体が静かに空へ浮き上がって行くような錯覚が起きてくる。
中谷宇吉郎「冬の華/雪雑記」より

雪を、暮らしの中にデザインしてみませんか。
「雪」と「氷」をテーマにしたデザイン作品を公募します。
→詳くはコチラをご覧ください。

中谷宇吉郎雪の科学館の1FにあるTea Room 冬の華。 厳選された豆と、こだわりの茶葉を使い、本格的な珈琲や紅茶をお楽しみ頂けます。
→詳くはコチラをご覧ください。

 イベントのご案内


企画展「高橋喜平ー中谷宇吉郎との交流ー」

開催期間:平成29年2月23日(木)~4月18日(火) 中谷宇吉郎が秋田県出身の雪崩研究家・高橋喜平(1910 - 2006) へ宛てた手紙が、喜平の遺族より加賀市へ寄贈されました。宇吉郎との交流が伝わる手紙と喜平が撮影...

▼続きを読む

子ども雪博士教室「雪の実験と工作」【参加費無料】

△ ペットボトルの中に垂らした釣り糸に雪の結晶は再現できるかな?   日 時:平成29年2月19日(日) 10時~11時30分 場 所:中谷宇吉郎雪の科学館 映像ホール 講 師:神田 健三  さん(雪の科学館友...

▼続きを読む

第9回 雪のデザイン賞募集関連企画展

開催期間:平成28年12月26日(月)~平成29年2月21日(火) ① 今までの雪のデザイン賞受賞作品 ただいま当館では雪や氷のデザイン作品を対象に公募展「第9回 雪のデザイン賞」の作品を3月31日まで募集しています。こ...

▼続きを読む

特別企画 雪の科学館でクリスマス 【12/23~12/25】 ※終了しました

【開催期間】 12月23日(金)~12月25日(日)   【内容】 ①ミニ展示「世界の雪切手」 39カ国の雪デザイン切手の紹介   ②ミニ展示「冬じたく・冬ごもり」 冬にそなえる雪国や生き物の知恵をパ...

▼続きを読む

子ども雪博士教室「放射線について知ろう」【参加費無料】 ※ 終了しました

△アルファ線とベータ線の測定器   日 時:平成28年12月3日(土) 10時~11時30分 場 所:中谷宇吉郎雪の科学館 映像ホール 講 師:橋本 哲夫  先生(新潟大学名誉教授) 定 員:20名(申込要・先...

▼続きを読む

中谷宇吉郎雪の科学館 Facebook

中谷宇吉郎雪の科学館 Twitter

 スタッフブログ


  • 2017年02月12日  西和賀町さま、掲載ありがとうございます!

    岩手県和賀郡西和賀町さまがホームページに、2月23日(木)~4月18日(火)まで当館で行われる 企画展「高橋喜平-中谷宇吉郎との交流-」 を掲載してくださいました! 西和賀町には高橋喜平が創設した 西和賀町雪国文化研究所...

    ▼続きを読む

  • 2017年01月19日  氷の小さな写真展

    中谷宇吉郎雪の科学館友の会の山田功さんが写真展を開きます! A4判くらいの大きさの写真10枚が「ニコンプラザ名古屋」に展示されます。 名古屋栄にお出かけの際はぜひのぞいてみてください!    ...

    ▼続きを読む

  • 2017年01月12日  あられが降りました!

    △ 霰が降りました!   △ 少し溶けましたが左は円錐状のものです。球形ばかりではないんですね!   粒子の大きさが5ミリまでなら霰、5ミリを超えると雹になります。 この場合左は雹、右は霰のようです。...

    ▼続きを読む

  • 2016年12月30日  お問い合わせが多い雪の情報

    ただいま中谷宇吉郎雪の科学館周辺はまったく雪が積もっていません。 ただ、北陸の冬は天気が変わりやすいので、どうか天気予報をご確認の上お越しください。 △ 館から見た今朝の柴山潟です      ...

    ▼続きを読む

  • 2016年06月21日  ***7月の子ども向け行事***

    子ども雪博士教室 「山、命、水と自然」 日 時 平成28年7月9日(土)10時~11時30分 講 師 飯塚 勝利 先生(三島池ビジターセンター自然観察指導員) 対 象 小中学生 参加費 無料 定 員 20名(先着順) 申...

    ▼続きを読む