いろは草庵の館蔵品

こちらで紹介している作品はいろは草庵館蔵品となっております。

赤呉須向付(あかごすむこうづけ)

呉須赤絵・赤呉須:磁器の一つ。呉須手のうち、赤を主体とし、緑・トルコ青などで奔放な図柄の上絵付けをしたもの。茶人が愛好した。赤呉須ともいう。


色絵コマ筒形向付(いろえこまづつかたちむこうづけ)

向付:懐石料理において、膳部の手前におく飯椀や汁椀に対し、向側に置いて「ぬた」などの簡素な食物を入れるのに用いる器。


色絵福字隅入角皿(いろえふくじすみいれかくざら)

魯山人の作品の中でも、福の字が書かれた器は多く残されているが、一つとして同じ字体のものはない。
福の一字が多様な表情を見せるのは、魯山人の書道に関しての知識や、中国の書家達の多種多様な書体を数多く見てきた経験などが基となっている。


染付四方平向(そめつけしほうひらむこう)

染付:呉須と呼ばれるコバルトで絵付けし、釉薬をかけて成型したもので、日本の藍染に似ていることから染付、中国などでは青花と呼ばれています。
魯山人の陶芸の師と言える初代須田菁華は写しの名手であり、その染付は特に逸品でした。