北大路魯山人の寓居 いろは草庵は文化サロン

「魯山人に会うたびに聞かれました。この家を気にしておられたのですね。」
吉野辰郎氏(吉野治郎氏の孫)は懐かしそうに話してくれました。
魯山人を温かく迎え入れてくれた山代温泉は、安らぎの場所だったのでしょう。だからこそ、この別荘のことを気にかけていたに違いありません。
今も、須田菁華窯やゆかりの宿には、魯山人のエピソードが語り継がれています。

→詳細ページへ

 企画展のご案内


第44回企画展 燕台 魯山人を支えた文人

4月7日(木)~7月5日(火)   細野燕台は金沢生まれの漢学者であり、書画骨董を嗜み、大正4年に魯山人と出会ってから、最晩年まで影響を与えた人物です。魯山人の才能を見込み、山代温泉の旅館・吉野屋での看板制作を紹介するな...

▼続きを読む

常設展

平成28年3月3日(木)~ 平成28年4月5日(火) 春を感じさせる魯山人の作品を展示いたします。...

▼続きを読む

いろは草庵企画「常設展示」

期間:通年 当時魯山人が制作された刻字看板を中心に山代温泉にゆかりのある方の作品を紹介します...

▼続きを読む

 その他のご案内

いろは草庵施設のご案内

休館日、開館時間、入場料などのご案内です。

→詳細ページへ

館内限定販売のご案内

いろは草庵では北大路魯山人関連のオリジナルグッズを販売しております。

→詳細ページへ

 いろは草庵スタッフブログ


  • 2016年05月23日  椎

    椎の木の花をご覧になったことがありますか。   この時期、時折独特の匂いが漂うことがありますが、あれが「椎の花」だそうです。   いろは草庵にもいくつか椎の木があり、庭に出ると何とも言えない匂いに包まれます。   芭蕉の...

    ▼続きを読む

  • 2016年05月19日  雲散山色青

    本日より、作品が一部展示替えいたしました。   新たにご覧いただけます作品に、魯山人の一行書があります。   「雲散山色青」 - 雲が山の青色を散らしてしまう -     今週は良いお天気のようですので、このように雲に隠...

    ▼続きを読む

  • 2016年05月01日  端午の節句

    先月より端午の節句の室礼に代わりました。     菖蒲の花はまだ蕾ですが、季節は確実に巡っているようです。...

    ▼続きを読む

  • 2016年04月26日  麗らかな日

    魯山人は、養母の背負われながら見た真っ赤な山つつじに感動し、「美」について初めて考えたと晩年まで語っていたそうです。   いろは草庵の前庭には、その山つつじをイメージして造られています。   燃え盛る火のような朱色が、今...

    ▼続きを読む

  • 2016年04月19日  シャガ

     今年は例年より早くシャガが咲きました。   一日花なのですが、次々と花を咲かせてくれるシャガは、庭に彩を添えてくれます。   一昨年に猪被害に合い、去年はほとんど咲かなかったので心配していましたが 今年は再びその可憐な...

    ▼続きを読む