魯山人の染付

【開催期間】 2018年6月28日(木)~2018年9月25日(火) 魯山人の染付作品の色調は初期から中期に充実し、魯山人愛好家によって受け入れられ絶賛されています。 盛夏の時期に合わせて、染付作品を中心に展示いたしまし

▼続きを読む


魯山人のうつわ

開催期間】 2018年3月29日(木)~2018年6月26日(火)  

▼続きを読む


書の愉しみ

【開催期間】 2018年2月8日(木)~2018年3月27日(火) 魯山人とゆかりの方々、魯山人を愛した細野燕台、太田多吉の書を展示します。余白美や線質にじみ・かすれにいたるまで、技法を味わい、書き手の人柄までも想像する

▼続きを読む


開館15周年特別展 「大観のわざ」

【開催期間】 2017年10月28日(土)~2018年2月4日(日) 魯山人寓居跡いろは草庵と石川県九谷焼美術館は、ともに今年で開館15周年を迎えます。そこで両館で北大路魯山人と初代須田菁華を取り上げ、開館15周年記念特

▼続きを読む


魯山人-コレクション展-

平成29年7月6日(木)~平成29年10月24日(火) 古くから芸術家たちは、動物や植物や風景などの自然の物を観察し参考にしながら、様々な表現に利用してきました。それは芸術家が、自然が作り出す形や色、模様などに造形的な面

▼続きを読む


魯山人といろは草庵

平成29年3月30日(木)~7月4日(火) 魯山人寓居跡いろは草庵は、2002年10月5日に開館して今年で15周年を迎えます。そこでご来館者のお声を基に人気の高い作品を一堂に展示いたします。 魯山人が好んだ九谷焼 吉田屋

▼続きを読む


平成28年11月17日(木)~ 平成29年3月28日(火)    魯山人の生涯は書に始まり、書に終わりました。 最初の個展の多くが書の作品であり、生前最後の個展も「魯山人書道芸術個展」でした。   陶芸や漆芸などにも、書

▼続きを読む


自然礼賛

平成28年7月7日(木)~平成28年11月15日(火)  師を持たない魯山人は、自然の中にこそ「美」は存在し、自然のあるがままの姿を理想としてきました。「いい作品を生み出すには心を豊かにせよ、そのためにはもっと自然に親し

▼続きを読む


燕台 魯山人を支えた文人

4月7日(木)~7月5日(火)   細野燕台は金沢生まれの漢学者であり、書画骨董を嗜み、大正4年に魯山人と出会ってから、最晩年まで影響を与えた人物です。魯山人の才能を見込み、山代温泉の旅館・吉野屋での看板制作を紹介するな

▼続きを読む


若き日の魯山人 山代温泉に残る看板

2015年11月26日(木)~ 2016年3月1日(火) 魯山人が山代温泉に逗留した当時は「福田大観」と名乗り、書や篆刻を主としており、山代温泉へも「看板制作」が縁で訪れています。 今年でちょうど百年目となり当館では、一

▼続きを読む