名画に出会う -あるコレクターがあつめた珠玉の作品群-

投稿日:2017年12月10日  投稿者:bijyutukan

近頃の加賀市は、晴れていてもしばらくすると雨や雪が降ってくる…北陸ならではの読めない天候が続きます。
これから冬休みシーズンなので、観光で北陸を訪れる際は傘を持ってくることを強くおススメします…!

 

さて、当館では昨日から「名画に出会う-あるコレクターがあつめた珠玉の作品群-」の展示が始まりました。
今回は県内在住の美術コレクターが収集した近代絵画コレクションの展覧会です。
藤島武二や宮本三郎、鴨居玲をはじめとした54名の作家の作品を70点展示しております。
20171127102907-0001 DSCN0469
なんと、54名の作家の中には加賀市ではなかなか見られないクリムトやルオーの展示もございます!
クリムトの作品は紙に鉛筆で描かれたエスキースなので、クリムトでイメージする金箔をたくさん使用した絢爛な作品とは違う感じなのですが、それでも間近で見られるのは興奮しますね…!
もちろん、ルオーや他の作家の作品も素晴らしい魅力のある作品ばかりです。
54名も作家がおりますので、作風もそれぞれ違います。ご自分の気に入る作品が見つかるかもしれません。
もしお気に入りの作品が見つかりましたら、ぜひ作者紹介のキャプションにも目を通してみてください。
どんな人が描いたのか…それを知ることで絵の印象が変わることもあります。
いつもキャプションを読まない方も、この機会に好きな作家さんだけでもチャレンジしてみてくださいね!
ただし、全員分の作家紹介を読もうと思うとだいぶ時間がかかりますのでご注意くださいませ!

DSCN0445 DSCN0458

 

そして、合わせてお楽しみいただきたいのが「加賀市美術館名品展」です。
当館の館蔵品を中心に加賀市にゆかりのある作家の作品を展示しており、「名画に出会う」の観覧料でこちらも観覧することができます。
今回のテーマは冬…そしてお正月!新年に向けておめでたいイメージの作品や、来年の干支である犬の作品をいくつか展示しております。
こちらにも油彩画の展示はございますが、掛軸や屏風といった作品も展示しております。和と洋の作品を見比べるのもいいかもしれませんね!

DSCN0473 DSCN0474

 

- 記事を共有する -
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0