友の会 会員規約

加賀市美術館「友の会」規約

(名 称)
第1条
本会は加賀市美術館友の会(以下本会という。)と称する。
(事務所)
第2条
本会の事務局は、石川県加賀市作見町リ1-4「加賀市美術館」(以下館という。)内に設置する。
(目的及び事業)
第3条
本会は、館の設置理念に賛同し、館で開催する展覧会及び館の運営の助言並びに奉仕活動に参加し、もって市民の文化活動の発展に寄与することを目的とする。
    2 本会は前項の目的を達成するため、次の事業を行う。
      (1)定期的に集いを開催し、館との情報交換を行う。
      (2)美術、工芸の教室を主催し、市民の参加を募る。
      (3)館の事業、関連事業に協力する。
      (4)美術鑑賞、美術訪問を行う。
      (5)会員相互の啓発と親睦を図る。
      (6)(1)から(5)に付帯関連するその他の事業
(会 員)
第4条
前項の目的に賛同した者をもって本会を構成し、会員は本会の事業に参加するものとする。
(役 員)
第5条
本会に次の役員を置く。
      会長        1名
     (会長代行     1名  会長不在時のみの役職)
      運営委員     若干名
      監事        1名
      書記(事務局)  1名  書記は館の職員に委嘱する
2 役員は総会で選任する。任期は2年とし、再任することを妨げない。
(職 務)
第6条
・会長は本会を代表する。
・運営委員は、会長を補佐し本会の事業運営や事務連絡に携わるものとする。
・監事は会長より提示された帳票により会計監査を行う。
・書記は、本会務の記録、事務連絡を行うとともに金銭の管理を行い、出納簿を備え年度収支決算書を作成し会長に提出する。
なお、会長が任期途中にて不在となった場合、役員会において運営委員の中から会長代行に選任された者が、前任者の残任期、会長の職務を遂行するものとする。
(顧 問)
第7条
本会は若干名の顧問を置くことができる。
2 顧問は本会に賛同する者の内から委嘱する。
3 顧問は総会・役員会などに出席し本会の運営に関して意見を述べられるものとするが、議決権については付与されないものとする。
(会 計)
第8条
本会の会計は次の収入を持って充てることとする。
  (1)年度会費(途中入会者も同じ) 一人 1,000円
        一旦納入された会費は返還しないこととする。
        会費は本会の管理運営費に充てるものとする。
  (2)寄付金
  (3)事業による収入
  (4)その他の収入
2 本会の会計は、毎年4月1日に始まり、翌年3月1日に終わる。
(総 会)
第9条
会長は毎年5月に総会を招集し、前年度の事業報告、決算報告、並びに新年度の事業計画を説明し、委任状を含め出席会員の過半数の承認を得なければならない。
(役員会)
第10条
会長は会を運営するに当り、総会に図るに及ばぬと思われる事業計画等については、第5条第1項に規定する役員で構成する役員会を開催し決めることができる。

なお、会長が認めた場合には顧問も参加できるものとする。

(会費の納入期限及び会員資格の喪失と再取得)
第11条
会員資格を継続しようとする者は、5月の末日までに年度会費を収めなければならない。納入がない場合には、その資格は自動的に喪失するものとする。なお、資格の再取得については特別の理由がない限りこれを拒めない。
(その他)
第12条
この会則に定めるものの他、必要な事項は会長が総会や役員会の承認を得て定めることができる。
付則
第1条
この規約は平成24年4月1日より発効する。
この規約は平成25年5月18日より施行する。